保育所等訪問支援事業とは 岐阜市の第1号としてサービスを受けて

保育所等訪問支援事業とは・・・
岐阜市で第1号としてサービスを受けて

保育所等訪問支援事業とは

保育所等訪問支援は、保育園や幼稚園などに通っているお子さんで、言葉や発達の遅れがあって、集団生活に問題を抱える幼児のために、療育の専門家が、園に訪問し、園の先生方へ、子どもの特性や接し方のアドバイスをする制度です。

 

どんな人が利用できますか?

保育園や幼稚園に通う、言葉や発達に遅れがあるお子さん

 

どんなサービスが受けられますか?

定期的な訪問指導

 

このサービスを利用するには

福祉サービス受給者証が必要です。

 

岐阜市の保育所等訪問支援事業第1号としてサービスを受けて

岐阜市の保育所等訪問支援事業の第1号として、療育園も運営しているサービス事業者の岐阜市立恵光学園の訪問指導を受けました。

 

週に1回、恵光学園の先生が1時間程度、息子が通っている保育園へ訪問し、子どもの様子を観察したり、子どもに直接かかわって子どもの特性を把握し、関わり方の見本を見せたり、保育士の相談に乗ったりしてもらいました。

隔月に1回、1時間程、訪問支援事業者、保育園、親で3者会議をし、子どもの発達や園での様子を話し合いました。

 

保育所等訪問支援事業では、次のようなことを助言していただきました。
・スプーンの正しい持ち方
・トイレトレーニングや男子便器の使い方
・偏食対策
・言葉の遅れについての対応、要求語を促すこと

 

▼その他の療育サービスについてはこちら

>>療育とは?種類と意味・目的・方法・効果の違い