小学校の通級指導教室

先日、小学校の通級指導教室の見学に行ってきました。

通級指導教室を利用できる条件(岐阜市)

小学校就学に関する判定会議で、「普通級+通級指導」の判定が出ていること。

 

通級指導教室の種類(岐阜市)

普通学級に通う小学生のうち、言葉発達に遅れがある子で市に認められた子で親が希望する子は、小学校の授業の時間帯に、授業を休み、通級指導教室で訓練します。言語訓練とLD・ADHDなどの2種類があります。

 

LD・ADHDの通級指導教室を見学してきました。

こちらは、授業時間に行われるため、授業を休んで行くことになります。
自分の小学校に無い場合は、最寄りの小学校の通級指導教室を利用することになります。

 

通級指導教室では、次のような事をやっていくということでした。

1 人と関わって楽しいと思える
2 運動・指先
3 自分の気持ちが言える
4 社会性を身につける
5 勉強で困っていることを補う

1から順に5までやっていくということでしたが、5はあくまで学校生活で困らないようにするためにやるのであって、勉強を補充するのがメインではないということでした。

 

<参考記事>