感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法

感覚統合の発達が遅れると、その感覚自体の感じ方が人と極端に異なったり、複数の感覚を統合して身体を動かす時に、ぎこちない動きになったりして問題が生じることがあります。
子どもの発達の順に沿って、どんな問題が起きるのかを見ていきながら、ご家庭で改善していく方法をお伝えします。

 

感覚統合とは・・・

感覚統合とは、人間が持っている五感である、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚、から情報を入手して、脳の中でそれらの情報を統合することで、それにより、人間は身体を動かします。

 

0歳、1歳、2歳、3歳頃の感覚の発達と感覚統合の問題:感覚過敏、鈍感、偏食

この頃の発達は、それぞれの五感自体が発達していき、物事を区別できるようになっていきます。

0歳の赤ちゃんは、食べられるもの、食べられないものの区別がありません。食べ物や飲み物、おもちゃなどを口に入れていくうちに、食べられるもの、食べられないものを区別するようになります。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:味覚の発達
そして、次第に、食べられるかどうかだけではなく、おいしいかどうか、甘いか辛いか、という風に、次第に詳細に区別できるようになっていきます。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:味覚の発達

それは、味覚だけではなく、他の感覚も同様のことが言えます。

そうやって、人間は、人間界の物を理解していきます。

 

このような感覚が、年齢とともに発達していく速度が、人より極端に遅い、または特定の感覚が鈍かったりすることが「鈍感」であり、人より特定の感覚に過剰に反応するのが感覚過敏です。
身体をいろんなところに擦り付ける子どもも、感覚過敏が関係しています。

 

1歳から2歳頃に現れる、感覚神経の問題に「三班神経」の問題があります。
発達障害自閉症の子どもによくみられる症状ですが、クルクル回るのが大好きで、たくさん回っても目が回らない、ということがよくあります。
これは、三班神経の発達が遅れていることによると言われています。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:三班神経の発達

感覚の問題である、「感覚過敏」は2歳から3歳頃に現れることが多く、砂やスライムを触るのを嫌がったり、園の水道の下に敷いてある人工芝の水切りマットを嫌がる子がよくいます。
このような感覚過敏は、見慣れることや触りなれることによって、慣れていきます。
対処方法としては、嫌がるからと生活の中から排除してしまうより、生活の中に取り入れて、嫌がらない程度に使用していくのが良いです。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:感覚過敏

2歳から3歳頃によくある感覚の問題としては、「偏食」があります。これも、味覚の発達途上であることが理由です。
偏食の改善・対処方法はこちらに詳しく記載していますが、園での集団行動や食育により改善していきます。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:偏食と味覚の発達

 

2歳前後のお子さんによくある感覚統合の問題としては、お洋服を着る時に、ズボンの後ろが上手にあげれない、トイレでお尻を上手に拭けない、ということがあります。

 

これも感覚統合の問題で、自分の身体の後ろがどこまであるのか、ボディーイメージをしっかりつけられていないのが原因です。特に、身体の後ろは見えないため、自分の身体の後ろがどうなっているのかが理解できていないんですね。
ボディーイメージの改善として、一般的に良く行われるのが、いろんな素材のもので、お子さんの身体に触る、ということです。
これにならって、ご家庭で行う場合は、お風呂で身体を洗う時に、こすってあげながら部位を教えたり、お風呂上りに拭いている個所を言ってあげると良いです。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:ボディーイメージ

2歳前後の感覚統合の問題としては、つま先歩きふらふら歩く、両足ジャンプができない、ということもあります。
人は、歩くときは、五感を全部使って、どこが歩ける場所なのか、下は平らなのか凸凹なのか、どのくらいのかたさなのか、などの感覚からの情報を統合して、歩き方を瞬時に決めています。
感覚統合が発達途上だと、ふらふら歩いたり、ロボットのようなぎこちない歩き方になったりします。

 

また、両足ジャンプが出来ないのは、右足と左足を同時に動かす、という、2つのことを同時にするのが苦手だからです。右足と左足の神経へそれぞれ信号を送り、同時にタイミングを合わせて飛ぶ、ということは、意外とむつかしいことで、感覚統合の問題としてよく現れます。

 

このような、ふらふら歩く、両足ジャンプ、などの問題を改善するために、歩きにくいところを歩いたり、トランポリンで飛んだりすることが、一般的によく行われています。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:ふらふら歩く

 

転んで手をつけない、という問題も、最近の子どもによくある感覚統合の問題です。
発達障害の子どもだけでなく、歩行器を使って早く歩くようになった子どもが、ハイハイの期間が短かったために、手をつくことを覚えていいないために、よく起こります。

 

転んで手をつけいない子の改善方法として、理学療法や作業療法などで、バランスボールの上に寝転んで、床に手をつく練習などが行われます。
感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:転んで手をつけない

 

3歳、4歳、5歳頃の運動機能の発達と感覚統合の問題

運動機能が発達する3歳、4歳、5歳頃には、感覚統合の問題はこんなところに現れます。
三輪車に乗れない、縄跳びができない、鉄棒ができない、などです。
これらの共通点は、2つのことを同時に動作するのが苦手、という点です。
感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:鉄棒:2つの同時動作

 

このような、2つのことを同時に動作するのが苦手な子のために、家庭でできる改善方法は、幼児期にはこんなアスレチック遊具や、小学生でも楽しいこんなアスレチック遊具スモールステップのこんなアスレチック自然の遊具で良く遊ぶことです。
子どもは、網にしがみついて登ったりすることにより、右と左、手と足を上手に同時に動かせるようになります。
感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:アスレチック

 

三輪車の場合は、手はハンドル操作、足はペダルをこぐという動作になります。
脳からそれぞれに信号を送り、同時に処理する、ということが、感覚統合がうまくいっていない子どもには、むつかしいんですね。
縄跳びの場合は、回すことと飛ぶこと、鉄棒は握ることと回ること、このような2つの動作を同時にしなければいけないことが、感覚統合の問題となって現れるんですね。
感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:三輪車

 

また、3歳、4歳、5歳頃には、箸を上手に使えない、物をそっと静かに置けない、牛乳を注げない、という不器用さも、現れます。
物を上手に操作するためには、自分の持っているものについて、視覚で距離を把握しながら、触覚とのやりとりで物を操作します。感覚統合がうまくいっていないお子さんは、不器用さとなって現れます
感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:箸などの道具を上手に使う

 

三輪車、縄跳び、鉄棒、箸などの物の操作における感覚統合の問題の改善方法は、ゆっくり取り組むことです。時間を設けて、じっくり取り組んでいくことで、上達していきます。

 

6歳頃からの小学生からの学童期の発達と感覚統合の問題

小学生からの学童期になると、学習面に、感覚統合の問題が現れます。
授業の45分間、同じ姿勢を保持するのがむつかしいなどの感覚統合の問題です。
感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:姿勢保持

 

姿勢保持の問題については、体幹が弱い場合もあり、よく運動することが改善につながります。
また、右手で鉛筆を持って左手でノートを抑えるという2つのことを同時にするのが苦手だったり、身体が傾いていて左手で机を持って支えている場合もあります。
姿勢保持の問題の改善方法は、正しい姿勢の練習をしていったり、身体を支えるためのクッションなどの補助具を活用することが行われています。

 

学童期には、文字や数字が枡の中に上手にかけない、という感覚統合の問題も現れます。
枡の中に上手に書けないのも、視覚から入った罫線と、触覚から入った情報の自分の手を動かしているという感覚がうまく統合されずに、マス内に字が入りきらない、というの問題があります。

感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法:文字を書く

 

まずは、上手にかける大きい枡で練習して、少しずつ小さい枡に書く練習をしていきます。この方法は、学習障害書字障害のお子さんや知的障害のお子さんにも有効で、よく取り入れられています。

 

小学校では、プールから上がって自分で髪や体を拭きますが、これが上手にできない、という感覚統合の問題もあります。お風呂で身体を上手に洗えないのも同様です。
こちらも、ボディーイメージがついていないことが原因で、鏡を確認しながら丁寧に教えていくことで改善していきます。

 

プールで泳ぐことが苦手なのも、全身を上手に動かすことが、感覚統合の問題として現れます。。

 

感覚の発達の時期、運動の発達する時期、手先が発達し学習面が発達する時期、に分けてお伝えしました。
発達の時期と苦手なことを把握することで、苦手に早く気づき、対処してあげることができます。
何事もいっぺんに解決しようとしないで、1つずつ課題設定して直していくのが良いですよ。
そうすることで、出来ることが増え、問題に感じることが減っていきます。
是非、参考にしてくださいね。