発達障害があっても、自然に成長していくと思っていたのに・・・

発達障害があっても、自然に成長していくと思っていたのに、最近めっきり停滞している、そうお悩みの方も多いと思います。

発達の遅れがあっても、身辺自立などは、毎日の繰り返しで出来るようになっていきますよね。

でも、特に要求語が出ない、二語文三語文に発展しないといった言葉の悩み、目を合わせない、クレーン現象などの社会性の悩みは、時間が経っても自然に成長していかない、とよく相談を受けます。

大切なことは、正しい言葉や行動を教えることです。

言葉の遅れがなかなか改善しないのは、人から学ぶ事や人の真似をすることが苦手なためではないか、と思います。

言葉が苦手なため、雰囲気で理解し、園の先生が言うことを理解していない事も多いようです。

正しい振る舞い(言葉や行動)を、分かりやすく、丁寧に教えることで、1つずつ理解してもらいたいですね。

具体的にどうやって教えていくのか、カンタン家庭療育を無料メール講座でお伝えしています。
一緒に、やっていきましょう。

8歳のお子さんも言葉が出た無料メール講座
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

要求語を促す!言葉とジェスチャーを育てる!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。

発達がゆっくりな子の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せますように。

言葉が出ない、言葉が遅い、発達がゆっくり、発達障害や自閉症、グレーゾーンのお子さんを持つお母さんのアドバイザー
澄川綾乃のカンタン家庭療育(ピアレントトレーニングをしています)