発達障害の子どもの言葉の理解と対処方法

発達障害の子どもの言葉の理解と対処方法

発達障害の子どもの言葉の理解は状況によって違う

発達障害の子は、言葉の理解についても、得意不得意があります。
発達障害の子どもは、発達に凹凸がある、つまり、得意な事と苦手な事の差が激しいのが特徴で、言葉は不得意だけど、数字は得意、というような分野の違いもありますが、言葉の中でも、得意と不得意があります。

◆同じ文章でも、書いた言葉は読んで理解するのは得意だけれど、口頭で話されると分からない。
◆自分の好きな話は得意だけれど、人の話を聞いて理解したり、人と会話するのが苦手。
◆単語1つずつは理解できるけれど、1つ1つの単語の意味が理解できない。
◆おしゃべりはできるけれど、人の会話に合わせたり、に書いてあることが理解できない。

 

発達障害の子どもの言葉の理解が状況によって違う原因・理由は?

発達障害の子どもが場面によって理解度が変わることは、「一般化」ができていない事にあります。

書いた文字を理解することと、喋った言葉を理解すること、これは、定型発達の子にとっては同じ「言葉」ですが、発達障害の子どもにとっては、別物として理解されてしまいます。

他にも、親には上手に話せるけれど、先生にはうまく話ができない。という、相手によってかわるのも、「一般化」ができていないからです。

苦手な状況を少しずつ克服して、一般化して、習得したいですね。

教科書や本を読んで文章を理解することができない特徴があると、学校での勉強ができません。

 

発達障害の子どもの言葉の理解の対応方法 苦手を得意で補おう

書いてある言葉は正確に理解出来るのに、話す言葉は苦手、という場合、耳で聞くことが苦手だったりします。
そんなときは、言われたことを紙に書いてから、内容を理解するとか、喋るときに、紙に書いたものも見せながら話す、などと、得意で補って練習していくと良いですね。

そして、最初は得意で補いながら、最終的には、補わなくても良いように、少しずつ補うことを減らしていくと良いですよ。

 

発達障害の子どもの言葉の理解を促すための育て方・接し方