自閉症の子どもの接し方

自閉症の子どもの接し方

自閉症の子どもの特徴とは?定型発達の子の接し方との違いは

自閉症の子どもの特徴は、一人遊びに没頭したり、集団活動に参加出来なかったりしますが、参加したくないだけではなく、どうしたらいいか分からない、何をすべきか分かっていないので、興味を持てることから、上手に誘ってあげることが大切です。

 

また、自閉症の子どもは「言葉が遅れる」ために、言葉が出なかったり遅かったりするだけではなく、質問しているのに質問とは違う答えを言うなどの、会話としてうまくかみ合わないことも含まれています。本人の分かる方法で会話をしながら、言葉を教えていく必要があります。

 

また、特定の物事へのこだわりが強くて、自分で決めた同じやり方や、自分の好きなある一つの物に固執することがあるために、こだわりを緩和していき、興味の幅を広げてあげる必要があります。

 

自閉症の子どもの接し方 動画解説

次のような関わり方をしていきましょう。

自閉症の子どもの育て方・接し方の基本1

自閉症の子どもの育て方・接し方の基本2

自閉症のお子さんの癇癪、こだわり、自傷行為などの問題行動を無くし正しい言葉や行動を教えるための接し方

自閉症のお子さんの育て方の基本を文章で読む

 

<ご相談事例>

言葉が遅い子どもの問題行動:叩くなどの「してはいけない事」をどう教えるか

自閉症児の噛みつく他害行為の理由と直し方(事例)