2歳で自閉症スペクトラムの中度知的障害と診断された息子の特徴

2歳で自閉症スペクトラムの中度知的障害と診断された息子の特徴

2歳3ケ月で自閉症スペクトラム障害、2歳5ケ月で中度知的障害と診断された息子

息子は、2歳3ケ月の頃に、自閉症スペクトラム障害と診断されました。
「言葉が遅いこと」「こだわり」があること、「目が合わない」こと、この3つともに該当するために、自閉症スペクトラムだと言われました。

動き回ること多動の傾向もあったようですが、「多動」というよりメインの症状は「自閉症」、という事でした。

後々、小学校2年生で、多動ADHDによる薬を勧められることになります。

 

新版K式発達検査を行った結果、自閉症スペクトラム障害の程度は、中度と軽度の境目あたり、軽度に近い「中度」と診断されました。

また、療育手帳の判定で2歳5ケ月の時に、中度の知的障害と判定されました。

 

発達障害・自閉症スペクトラムの診断を受け、脳波検査とMRIの検査もしましたが、異常はみられませんでした。
こちら、検査の時の写真です。頭に電極をつけて包帯で固定され、可愛い頭になっています。
自閉症スペクトラム・中度知的障害 2歳の息子の脳波検査のとき|澄川綾乃のカンタン家庭療育

 

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の言葉や理解力について

自閉症スペクトラム障害と診断された息子は、生後7ケ月の頃に、英語のDVDを見ながら、青い色を「ブルー」と言ったことがありました。でもそれは一度っきりの言葉でした。
そのように、1歳前後で、一度言ったっきりの言葉を数えると10くらいありました。
でも、意味のある使える言葉として毎回言う、という事は、2歳の頃にはありませんでした。

 

自閉症スペクトラムの息子の理解力ですが、型はめは得意で、丸、三角、四角やバツなどを上手にはめていました。
また、アルファベットは1歳の時から指を差すことが出来ていて、アルファベットを型抜いたパズルを全部一人ではめていました。

 

着替えようね。などの毎日声をかける言葉には反応していましたが、「たぶん言葉1つ1つを理解しているのではなく、生活の流れで出来ていて、言葉を1つずつしっかりと理解しているわけではない」と言われました。
2歳自閉症スペクトラム中度知的障害アルファベット好き|澄川綾乃のカンタン家庭療育

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の癇癪について

自閉症スペクトラムの息子が2歳の頃は、自分が嫌な事を「イヤ」と言う事が出来ず、床に何度も頭を打ちつけて、癇癪(かんしゃく)で表現するようになりました。
なだめて抱っこしようにも、後ろに反り返って暴れて手が付けられませんでした。
これは、5歳頃まで続きました。

 

言葉のかわりに癇癪で表現していたため、特に奇声を発している様子はありませんでした。

 

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の指先や運動能力について

自閉症スペクトラムの息子が2歳の頃は、指先の器用さや、運動面で、日常生活に支障があるような事はありませんでした。
1歳の頃から、階段も上手に上り下り出来ていました。

ただ、つま先歩きをしていることや、少しふらふら歩く・ぶつかるという指摘を受けました。そして、ぎこちない動きをすることも感じました。
ミニカーにまたって床を蹴って進むことはよく楽しんでいました。

 

2歳前後の頃、自閉症スペクトラムの息子は、公園へ連れて行っても、滑り台やブランコなどの遊具は全くしないで、公園の内周をぐるぐるとずっと走り回って、困りました。
保育園の園庭解放に行くようになり、2歳4ケ月頃には、滑り台も滑れるようになりました。
自閉症スペクトラム・中度知的障害の息子2歳の頃の特徴|澄川綾乃のカンタン家庭療育
自閉症スペクトラム・中度知的障害の息子2歳の頃の特徴|澄川綾乃のカンタン家庭療育
ペダルはまだこげませんでしたが、三輪車にも興味を持ちました。
自閉症スペクトラム・中度知的障害の息子2歳の頃の特徴|澄川綾乃のカンタン家庭療育

 

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の身辺の自立について

自閉症スペクトラムの息子が2歳の頃は、スプーンやフォークは上から持ちでしたが、上手に使い、こぼさずに自分で食べることが出来ました。
2歳の頃には、トイレは教えていなかったこともあり、オムツでした。
着替えなどは上手に自分でやり、ボタンも、手取り足取り教えたために、2歳でも小さいボタンをかえるくらい上手でした。
1歳の頃から、積み木を5個積む、というような事も出来、普通に遊んでいるように見えました。

 

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の療育について

自閉症スペクトラムの息子は、1歳半健診の時に言葉の遅れを指摘されて、2歳から、公的な療育を始めました。
2歳から市の親子教室に隔週に1回1時間程度、母子で通いました。
また、定型発達の娘が1歳、息子が2歳半で保育園に入園する際は、岐阜市の判定会議で保育所等訪問支援事業の利用と加配が決定しました。

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の偏食について

自閉症スペクトラムの息子が2歳の頃は、煮物が割と好きでした。さつまいもやパンが好きでした。
偏食気味で、煮物が苦手でしたが、レンコンやシイタケは食べなかったので、保育所等訪問支援事業(公的な療育)の先生が、小さく切って、食べさせてくれました。それにより、食べられないメニューは無くなりました。

>> 保育所等訪問支援事業とは・・・岐阜市の第1号としてサービスを受けて

 

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子の人とのコミュニケーションについて

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子は、今と変わらず、人が大好きな子でした。

1歳半下の娘が生まれて赤ちゃん返りすることはなく、息子が1歳の頃から撫でたりして可愛がっていました。

自閉症スペクトラム・中度知的障害の息子2歳の頃の特徴|澄川綾乃のカンタン家庭療育

 

2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子のこだわり・興味の狭さ・行動について

2歳で自閉症スペクトラムの診断を受けた日、バナナが折れて、折れたバナナをもとに戻してほしいとクレーン現象で要求してきました。これが、息子に「自閉症スペクトラム特有のこだわり」があると判断された理由の1つです。

自閉症スペクトラム・知的障害の息子のバナナへのこだわり|澄川綾乃のカンタン家庭療育

DVDが終わって「バイバイ」と画面で手を振られると癇癪を起こすことがありました。
数字が好きで、自閉症スペクトラムの子ども特有の並べて遊ぶことも大好きでした。
自閉症スペクトラム・中度知的障害の息子2歳の頃の特徴|澄川綾乃のカンタン家庭療育

でも、ミニカーを走らせるなど、子どもらしく遊んでいたように思います。
自閉症スペクトラム・中度知的障害の息子2歳の頃の特徴|澄川綾乃のカンタン家庭療育

小さい物を握って持ち歩いたり、タオルを持ち歩いたりしました。

それ以外に、特に不自然と思うような行動はありませんでした。
回るものや光るものを好んで見続けるような不自然な行動は全くありませんでした。
2歳の頃の自閉症スペクトラムの息子は、大人しくて素直で言葉が遅いだけの子どものように見えました。

>>自閉症スペクトラムの息子が1歳の頃の特徴
>>3歳の頃の自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の様子