言葉が遅い子の特徴「短所の裏返しは長所、長所を利用した療育」

言葉が遅い子の特徴「短所の裏返しは長所、長所を利用した療育」

 

▼動画で見る

 

言葉や発達が遅い子の特徴 短所と長所

言葉発達がゆっくりな子は、一般的に以下のような短所・長所を持ち合わせています。
これらの特徴を理解して、長所をうまく利用して育てると、育てやすくなります。
短所は長所で補いながら、慣らして少しずつ克服していくと良いですね。

 

短所:言葉が遅い、耳で聞いて理解するのが苦手

長所:目で見て理解するのが得意
⇒見せれるものは写真や実物をみせて説明する
短所:こだわりがあり、融通がきかない

長所:決まりをきちんと守る
⇒ルール化する。ダメなことは早めに直させ、良い習慣をつける。
短所:大きい声が怖く、臆病

長所:優しい子
⇒怒るより諭す。

 

言葉が遅い子はオウム返しで言葉を覚えようとしている

言葉の受け答えではなく、相手の言葉を反復する、オウム返し ⇒言葉がまだ自分の言葉になっていない。しかし、自分の言葉にしようと努力している。

 

一見、短所と思われることも、裏を返すと長所になります。
遅れをよく理解して、前向きにとらえると良いですね。

 

また、視野が狭いため、よく転んだり、周りが見えていないことがあるので注意してあげてください。

 

そして、発達の遅れから状況が読み取れなかったり周囲との意思疎通がうまくいかないために、自分の要求を、自傷行為やかんしゃくなどで伝えることもあります。適切な方法で対応しましょう。

 

言葉が遅い子から言葉を引き出す方法、言葉の発達の順番

 

>> ご家庭でできる家庭療育方法