三語文とは?いつから?少ない・出ないと思った時の対応方法

三語文とは?いつから?

三語文が少ない・出ないと思った時の対応方法

三語文とは?子どもはいつから三語文を話すのか?三語文の例と、三語文が少ないなあと思ったら、出ない理由とその時の対応方法をお伝えします。

 

三語文とは?いつから?三語文の例

三語文とは、2歳半前後に出る言葉で、
「相手+目的語+要求語」や「主語+目的語+述語」などの文の構成要素である3つの単語から成る文のことです。

三語文の例

ママ ジュース ちょうだい/ママ おもちゃ とって
ぼく(●●くん) ジュース のむ/ぼく(●●くん) バナナ ほしい ・・・など。

 

三語文が少ない、出ないときの対応方法

言葉が遅い、発達障害、自閉症のお子さんは、二語文が沢山出てきても、なかなか三語文にならないことがあります。
そんなときは、お子さんが単語や二語文で要求してきたときに、ママが三語文で共感の言葉を返したり、三語文で言い直しを促すと良いですよ。

「だっこ して」と言って来たら、「誰に言ってるの?ママ? ママだっこして、だった?」などというように、お子さんの足りない言葉を三語文で補ってあげると良いですね。
「ママ だっこ して、だね、言ってごらん。ママ だっこ して」というように、三語文での言い直しを優しく促しても良いですよ。

子どもは、大人が自分の足りない言葉を補うことによって、言葉が進んでいきますよ。

 

三語文が出ない理由

三語文が言えない子の多くは、「人を呼ぶ言葉」が出ていない場合です。
「おやつちょうだい」と言えても、「ママ、おやつちょうだい」のように「ママ」と呼びかけることが出来ていない子が多いです。
出ていない言葉は、意識的に使うようにしましょう。

特に、発達障害や自閉症のお子さんの場合、人との社会的関係を築くことが苦手です。
だから、自分の要求を言えるようになっても、なかなか、人を呼ぶことができません。
人にお願いする時に大切なのは、人を選んで、声をかけること。早い時期から習慣づけていきましょう。
発達障害の子どもとその家族

三語文が出ない子に教えるときのポイント

教えるポイントも、要求語、二語文を教えるときと同じ、以下のことです。

生活に必要な三語文を、繰り返し使っていく事が大切です。
自発的に三語文が言えなくても、まずは三語文を模倣させることから始めましょう。

そして、いっぱい褒めてあげてくださいね。

実際に、どのように声をかけるのか、具体的なお子さんとのやり取りを無料メール講座ご家庭でできる家庭療育方法で詳しくお伝えします。
参考にしてください。

三語文が出ない・少ない子の、三語文が言えるようになったご相談支援事例

>>「二語文、三語文が増えた!」言葉が遅い2歳の子の言葉集中療育プログラム
>>「二語文が増え、三語文が出始めました」パーソナル療育プログラム
>>ちょうだい、二語文、三語文が出た 無料メール講座
>>先月から教えている三語文が出始めました!!

三語文が出てお話が上手に!