身辺自立:ボタンをかう

指先を使うことが苦手なお子さんが多いです。
ボタンをかうことなども、意識的にスモールステップで教えていくと良いですね。

ボタンをかうのは次の手順です。
1 ボタンの端を右手の親指と人差し指で摘まむ。
2 穴を左手で広げる。
3 右手でボタンを穴に押し込む。
4 左手でボタンをひっぱり出す。

達成感を持たせるために、最後をやってもらう教え方をすると良いです。

まず、1から3はお母さんがやって、4だけお子さんがやる。
これが出来るようになったら、1と2はお母さん、3と4がお子さんがやる。

このように、最後からやってもらうという教え方は、他の場面でもよく使いますので覚えておかれると良いですよ。

 
 
言葉が出ない、言葉が遅い、発達がゆっくり、発達障害や自閉症、グレーゾーンのお子さんを持つお母さんのアドバイザー
澄川綾乃のカンタン家庭療育(ピアレントトレーニングをしています)