身辺自立:靴をはく

自分で靴が履けるようになったら、お母さんも楽になりますよね。
次のように、教えていきましょう。

靴は、履く前に左右を正しく並べましょう。
左右を覚えるために、常にきちんと左右をそろえて置くようにしましょう。
視覚的に学ぶのが強いので、早く覚えます。

マジックタイプの靴をはく時は、マジックをはがして、靴を履いたら貼るということを毎日丁寧に行いましょう。

ひものタイプの靴をはく時のポイントは、かかとを入れて後ろを引っ張る、です。
うまく引っ張れない場合は、引っ張る所を大き目なものを縫い付けて、引っ張りやすいようにしてあげましょう。

紐を結ぶのは大変難しいので就学前までにできれば大丈夫です。
こちらは別途記載します。

紐が結べるようになるには、手先を使いこなすことが必要なので、今から、指を使うことを意識しておきましょう。
少しずつ、手先を器用にしていくと良いですね。
 
 
言葉が出ない、言葉が遅い、発達がゆっくり、発達障害や自閉症、グレーゾーンのお子さんを持つお母さんのアドバイザー
澄川綾乃のカンタン家庭療育(ピアレントトレーニングをしています)