言葉が遅い・発達障害・自閉症の子の育て方・接し方  ポイント1・・・分かりやすく/間をあけず

言葉が出ない・遅い、発達障害や自閉症の子が分かっている事と理解していない事

 
言葉が出ない・遅い、発達障害自閉症の子どもも、普段一緒に生活していると、こちらの言うことを理解しているように見え、「定型発達の子(発達に遅れが無い子)とそんなに違わないじゃない!」と思われることも多いと思います。
そのとおりですよね。

実際、良くわかっていて、みんなと一緒に行動できる面も多いのです。
 
日常生活で毎日やっていること、毎日の流れなどはとてもよく理解しています。
そして、その時のルールなどもしっかり守ってくれたりします。
だから、うちの子はこちらが言うことをよく理解しているから大丈夫と思ってしまいます。私も安心していました。
 
しかし、それは「言う言葉を1語1語理解して指示を聞いている訳ではなく、流れを覚えてやっている」という可能性があるのです
そうすると、違う場面で同じ言葉を使って指示しても理解できないことがあるんですね。
また、いつもと順番が変わると混乱するということもあると思います。
 
これらを解決してお子さんの力を付けていくためには、「分かってできる」という力を付けていく必要があります。
分かるためには、普段から分かりやすく伝えることが大切です。
 
 

言葉が出ない・遅い、発達障害や自閉症の子の物事の理解の仕方・特徴 定型発達の子の違いと対処方法

定型発達の子と比べて、言葉が出ない・遅い、発達障害や自閉症の子の大きな特徴は、「耳で聞いて理解することが苦手」な事です。
だから、長い文章も苦手です。
 
「ごはん」「手 洗う」のように、短くはっきり言ってあげると良いですね。
目で見せれるものは見せながら、何を求められているかお子さんがよく分かるような状況づくりが大切です。
 
たとえば、お菓子が食べたいとき、お菓子を見せて「お菓子 ちょうだい」と言うように要求する。
そして、言えたら、すぐにお菓子をあげてください。
すぐに要求にこたえると、自分が言ったことと、その結果もらえたという因果関係を理解しやすいですが、間があくと、因果関係が分かりにくので、「間をあけず」がポイントです。
 
自分の要求を言葉にできていないお子さんは、「だっこ」や「高い高い」「ちょうだい」などから試していくと、楽しくできて良いですね。
 
この方法は、実は心理学のABA行動分析というものを用いた効果的な療育方法なんです。

 

ABA行動分析は喜ぶことで子どもが学習するという療育方法

 
こうした特徴から、「他人と強調することで行動を良くする」のではなく、「自分にとって嬉しいことによって行動しようとする気にさせる」という心理学の行動分析というものを用いた自閉症児に効果的な療育方法ABA行動分析があり、それを利用しています。
 
もともと、行動分析は、心理学から来ていて、人間の行動を分析して行っているため、自閉症児でなくても、人間の行動の原理原則から作ったのもです。
 
 

「分かりやすく・間をあけず」の関わり方で子どもの理解度がよく分かるように

こうした、「分かりやすく/間をあけず」という関わり方をしていくと、お子さんが1つずつ、理解して行動できるように変化していきます。
また、教えている側も、お子さんが何を理解して、何が理解できていないかが分かるようになり、小さな成長に目を向けられるようになります。

我が子の小さな成長が感じられたら、頑張っている我が子が愛しくて、誇らしくなり、よりわが子を愛せるようになりますよ。

家庭療育方法【育て方・接し方の10のポイント】

 

自閉症児に効果のあったABA行動分析について

  • >> 海外の療育事情、自閉症児の約半数が知的の遅れが無かったABAとは?
  • >> ABAでコンプライアンスが確立できなかった方も、ABAができる方法があります
  • >> 詰め込みだけがABAではないし、ABAは手段の1つに過ぎない ABAの詰め込みは言葉の遅れの原因にも