私の発達障害(自閉症)育児

今年のソリ遊びで得られた成果

昨日、今シーズン最後のソリ遊びをしにスキー場へ行ってきました。

多動傾向でよくうごきまわる息子の体力を使うためでもあります。
(のちのち、医者に多動の薬を勧められ、移動支援も利用することとなります。)
発達障害・自閉症育児のカンタン家庭療育 そり

今シーズンから始めたソリでしたが、自閉症発達障害)の息子も、定型発達の娘も、すっかり上手になりました。

★身体を前後してスピードをコントロールできるようになりました。
★人を避けて滑ったり、小さなジャンプ台の方へ進行方向を変えたりできるようになりました。

やはり回数を積むことは大切だなぁと思いました。

そして、子どもたちには、人にぶつからないように教えていました。
それが良かったと思います。

周りの子どもたちのソリを見ていると、人によくぶつかる子は、ぶつかりそうになっても、スピードを落とそうとしたり、足に力を入れたりしません。

「どうしたら次にぶつからないか」が分かっていないように思います。

安全に遊べるように、最初に遊び方を教えてあげたいですね。
昔からつま先歩きをしていたり、ふらふら歩いてよくぶつかったり動き方もぎこちなくて身体の使い方が下手だったり、運動が苦手だった息子も、家庭療育で、運動が上手になってきました。