私の発達障害(自閉症)育児

私の発達障害(自閉症)育児 家庭療育は毎日コツコツと継続する事が大切

こんにちは。
発達障害自閉症のお子さんをもつお母さんのアドバイザーの澄川綾乃です。
家庭療育は1日にして成らず、毎日コツコツとやるようにしています。
おやつタイムにお勉強・遊びと、運動系と、ふれあい遊びを1回ずつやるようにしています。
それは、この3分野がとても大切だからです。

 

ふれあい遊びは意外に忘れがちですが、子どもは愛されることで自己肯定感がアップし、大人に対する基本的信頼感が生まれます。
特に発達障害がある子は、大きくなるにつれて自分と他者の違いに気付いて自信を無くしていく傾向があるため、愛されることで自信を持ってもらいたいですね。

 

こだわりがある並べてしか遊べない子も、ふれあって遊ぶことや、簡単な遊び方を1つ1つ教えることによって、おもちゃ本来の遊び方ができるようになっていきます。

 

それぞれ、今日は何を教えるか毎回目標を決めて行うようにしています。
一度に沢山やろうとすると出来ないし覚えられないので、おやつタイムにお勉強は、多くても2~3個にしています。
形容詞1個、グループの名前を1個などです。

発達障害・自閉症のカンタン家庭療育 家庭療育は毎日コツコツと
これらは、一日の流れを決めてサイクルにしています。

保育園から帰る→ごはん→お風呂→おやつタイムにお勉強→運動→絵本→ふれあい遊び
というような流れにしています。
サイクルにすると取り組みやすいですね。

 

どんな順に始めたらいいか分からない、そんな方へ、お子さんの状態を把握して、長期的な計画に沿ったバックアップをしています。
▼着実なお子さんの成長をかなえるパーソナル療育プログラムについては、こちらをクリックして移動できます。

http://www.sumikawa-ayano.com/personal/

 

まずは、カンタン家庭療育を手軽に試してみたい方へ。

8歳のお子さんも言葉が出た無料メール講座
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

要求語を促す!言葉とジェスチャーを育てる!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。

発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。

~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~