言葉が遅い・自閉症(発達障害)の息子の育児ブログ

特別支援教育で使いたい「あれ」

特別支援教育で使いたい「あれ」

特別支援学級に在籍している発達障害自閉症スペクトラム)の知的障害がある息子。

家庭訪問の時に、
「学校生活をスムーズにする、あれを作った方がいい!?」
という話になり、作ったものをご紹介します。

 

それは、帰りのお仕度リストです。

うちの小学校は毎日、自分の箸を持っていきます。
でも、持って帰るのを忘れる日も・・・
すると家で洗えないので、衛生的に気になりますよね。

 

そこで、帰りの支度リストを作った方がいいか確認すると、
特別支援学級の担任の先生も賛成してくださり、
作ったら、先生が、それを見ながら一緒に支度をして、
自分で支度できるように促していってくれるとのことでした。

 

「文字があって、 写真もあった方がわかりやすいですよね。」
「それはいいですね。作ってもらえれば、学校で使います」
ということだったので、
息子の持ち物を写真で撮って作りました。

こちらです!

特別支援教育 教材 帰りの支度リスト

これは学校へ持って行くものを用意するときにも使えます。

持ち物リストのようなものは、
普通学級でもお便りで配られたりしますが、
文字が小さかったり、

ハンカチのような当たり前のものは省略されたりしますよね。

 

特別支援学級の息子には、
息子専用に特別に作ったものが一番。
写真入りなら、自分のそのものの写真なので、
絵よりもよくわかりますよね。
親が自発的に作って、協力を依頼する。

すると、担任の先生も協力してくださり、
子どもの成長につながりますね。