私の発達障害(自閉症)育児

私の発達障害(自閉症)育児 かき氷を使った家庭療育

こんにちは。
発達障害自閉症のお子さんをもつお母さんのアドバイザーの澄川綾乃です。

発達障害(自閉症)育児のカンタン家庭療育 かき氷を使った療育

かき氷が大好きな息子。
昨日、自分の要求を伝える練習と手の力のトレーニングのために、電動のかき氷器を自分でやらせて、出来ないときは声をかけて貰っていました。
電動かき氷器は、意外と力がいるし、ただ押すのではなく、手のひらを回すように押さないと削れません。
力を付けたり、加減したりするとても良い練習になります。

 

クレーン現象ではなく、用事がある時は「来て」と言ってから一緒に行く、シロップを「取って」と要求してから渡す、というようにしました。

 

オウム返しでも良いので、正しく言えたり、行動できたりしてから要求を叶えることが療育のポイントです。

 

しばらく静かで、何をしてるのかな?と思っていたら、やって来ました。
「こぼした」と言います。
見に行くと、机の上も下も青いシロップの海!
新品のシロップは空っぽ!!
息子は嬉しそうに、足にシロップを塗ります。

 

「ああそうか」、思い出しました。
先日保育園の担任から、プール納めにボディーペインティングの授業があったと聞きました。
息子は青の絵の具を嬉しそうに、顔や手足に塗っていたそうです。
去年は感触に抵抗があったようですが、今年は抵抗なく楽しんでいたとの事でした。

 

シロップを見て、ボディーペインティングを思い出して、自分でやってみたんだなあと気付きました。模倣したんですね。

自分で復習する息子、偉いなぁ!
自分で復習しようとする息子の気持ちは大切にして、伸ばしたい!

だから今日は、絵具を探しました。今夜はお風呂でボディーペインティングをしようっと♪

色をつける楽しさは、お絵かきにもつながりますね。

発達障害(自閉症)育児のカンタン家庭療育 ボディペインティング

子どもの困った行動の裏にも、本人のやりたい気持ち、発達へのヒントが隠されています。

そのヒントをうまく使って、家庭療育をしませんか。

▼パーソナル療育プログラムはこちら
http://www.sumikawa-ayano.com/personal/

まずは、カンタン家庭療育を手軽に試してみたい方へ。

8歳のお子さんも言葉が出た「無料メール講座」
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

http://www.sumikawa-ayano.com/mail-course/

要求語を促す!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。

発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。

~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~