私の発達障害(自閉症)育児

私の発達障害(自閉症)育児 「ママには言葉で要求するのに、僕には言わないよ」パパの疑問について

こんにちは。
発達障害・自閉症のお子さんをもつお母さんのアドバイザーの澄川綾乃です。

昨日、お父さんと息子たちと児童センターに行った時のことです。
息子は黒板の上に本を並べたくて、お父さんの手を引き、黒板に連れて行きます。

発達障害(自閉症)育児 だっこ
お父さんは「分かった、分かった」と言って抱っこします。息子は喜んで並べます。

次は私のところへ。

発達障害(自閉症)育児のカンタン家庭療育 だっこしてほしい
私は「来て」とか「抱っこして」と言わせてから要求を叶えるので、自発的だったり促されてのこともありますが、ちゃんと言葉で要求します。

お父さんは「ママには言葉で要求するよね。」と言いました。
私は、「言わなくても要求が叶えられるんなら、言葉は使わないよ。
言わせてから要求をきかないと、ずっと言わないから、言ってから叶えてあげて。」
と伝えました。

お父さんは息子の気持ちを「分かった、分かった」といつも応えますが、何が分かったのかを伝えないと、子どもは言葉を覚えません。
「取ってほしいんだね、分かったよ。 『取って』 」というように、気持ちを受け止めた上で、正しい見本を言ってあげるのが良いです。

お父さんはこんなことも言ったことがあります。
「ママのいうことはきくけど、僕のいうことはきかない」
それは、聞かなくても済むからですよね。
子どもはちゃんと状況を分かっているんです。

こんなこともありましたよ。
息子は保育園でも、新しい先生の前でわざとふざけて先生を試ながら、担任の先生を横目でチラチラ確認していたそうです。
子どもは大人の行動をちゃんと分かっているんです。

正しい言葉やジェスチャーで要求してから、願いを叶えてあげましょう。まだ、自分で言えないお子さんは、お母さんが見本を言って、オウム返ししてもらいましょう。

まだ言葉が出ないお子さんには、お母さんが手を添えて、ジェスチャーを教えてあげましょう。

実際に、どのように声をかけるのか、具体的なお子様さんとのやり取りを無料メール講座で詳しくお伝えします。

8歳のお子さんも言葉が出た「無料メール講座」
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

http://www.sumikawa-ayano.com/mail-course/

要求語を促す!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。


発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。
  
  
~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~