私の発達障害(自閉症)育児

お手伝いから遊びへ それが見立て遊びの原点

並べて遊ぶことばかり、なんでも破ってしまうこだわりがあって遊べない。
そんなお子さん、多いですよね。

 

おもちゃに誘っても、なかなか、おもちゃでは遊んでくれない。
ご飯を作っていると、興味を示して寄ってくる。

 

そんなお子さんには、お手伝いをさせてあげると、遊びも上手になりますよ。

 

うちの息子は、自閉症知的障害多動傾向もあり、じっと遊べなくて、並べるのが大好きでした。

そんな息子もこんな風に、見立てて遊ぶようになっていきましたよ。

 
おはぎ つぶす

粘土も つぶす

 

家事のお手伝いが出来るようになると、おままごとで見立て遊びが出来るようになりますよね。

息子も、年中の頃、食事のお手伝いが出来るようになったら、上手に餃子を粘土でも作っていました。

 

子どもたちが大好きな焼き鳥。

こんな風に作ってくれます。
最初、ガス代のグリルに入れられたので、慌てておもちゃのフライパンに乗せました(笑)

クッキーなども、作るとオーブンに入れたがります(笑)

これは、大好きなホットケーキと大学芋。

そして、食事のお手伝いは、偏食対策にもなりますよ。