私の発達障害(自閉症)育児

小学校3年生 多動の息子も習字(書写の授業)が始まりました

小学校3年生の授業では、書写つまり習字の授業があります。
普通学級となるべく同じことを、という思いが強い担任の先生になり、
多動の息子も、習字の授業が始まりました。

 

書写の授業で習字をするときは、黒い服を着せていくようにしています。

 

授業が始まる前に、最初に扱い方を教えておかないと、
筆を振ってしまったり、
墨でべたべたにしてしまったら大変。
墨は落ちないので気を使います。

 

家で、「水でできる習字」で練習しました。

 

小学校3年生 多動の息子も習字が始まりました

小学校3年生 多動の息子も習字が始まりました

 

筆に水をつけたら、ぽたぽた垂れる余分な水をちゃんと落とすことを教えました。

 

娘は小学校1年生になって、習字をならいに通い始めているので、筆遣いや文字が上手です。
娘が良い見本になって、息子も、丁寧に書くことができました。
筆で書くのは、鉛筆と違う面白さがありますね。
楽しく、これからも、続けていきたいです。