私の発達障害(自閉症)育児

紆余曲折ある、それが普通なんだなぁと思う

自閉症の子どもは、こだわりがある子が多いですよね。食べ物も同じ。偏食の問題はなかなか避けては通れないですよね。
うちの息子も、偏食には昔から悩まされました。

1年以上前から、保育園で完食の息子ですが、その保育園でも、一筋縄ではいかず、先生方が工夫して頂いて、完食をキープしているんですよ。

発達障害・自閉症のカンタン家庭療育 偏食

4月までは、みんなと集団行動したいために、歯磨きの時間の間際に嫌いなものを詰め込むという行動がありました。

 

5月には、歯磨きの時間になっても食べなくなったので、先生は、息子の食事を半分にして、全部食べたらおかわりができる、というルールを利用して、発達障害の息子の完食を促しました。

 

最近はパンを食べなくなってきたようだけれど、次の活動が始まることを伝えると、慌てて食べるようです。

 

完食するようになったからと言っても、ずっと何もしなくてもできるわけでは無いんですね。
紆余曲折ある、それが普通なんだなぁといつも思います。

 

先生方の努力のおかげだと、いつも感謝しています。
息子は、一生懸命教えて身に付けても、また出来なくなってしまう、そうやって成長していくのが子どもの姿ですね。