私の発達障害(自閉症)育児

「おもいで」の袋に詰まったもの

今日から、自閉症の息子は年長さんになりました。

先日、3月の終わり(年中の頃)に、息子が作品を持って帰ってきました。

1つずつ、息子の作品を見ていきました。

お絵描きは、「字の基礎になるから」と思い、言葉を教えることと同じくらい、一生懸命教えました。

最初の頃は、息子と、丸を描いて遊びました。
こちらは、そんな頃の作品です。ビニールで作った服の模様。
カンタン家庭療育 作品 お絵かき
保育園の先生が「お友達が模様らしきものを描いていることに気が付いて、丸を沢山描いていた。」と教えてくださいました。

丸で遊んだ後は、顔の絵も練習しました。それがこの作品になったんだね。
カンタン家庭療育 作品 お絵かき
カンタン家庭療育 作品 お絵かき
この「おもいで」の袋は、息子が保育園で作った作品ばかりが入っていますが、私と息子の家庭療育の日々も詰まっている気がしました。