私の発達障害(自閉症)育児

お手伝いには、子どもの成長のための沢山の要素がある

忙しい日には、子どもも食べられる、超簡単散らし寿司を作ります。

こんな手順です。

錦糸卵を作るために、卵を割ってもらいます。
息子も綺麗に割れるようになりました。
カンタン家庭療育 チラシ寿司

酢飯を作るときに、うちわであおいでもらいます。そのあと、混ぜご飯の元(寿司太郎)を混ぜています。
カンタン家庭療育 チラシ寿司

具を乗せます。子ども用の具のために、いくらの代わりにトマト、刺身の代わりにキュウリ、アボガドを乗せます。
カンタン家庭療育 チラシ寿司

ノリを切ってパラパラとかけます。
カンタン家庭療育 チラシ寿司

超簡単レシピなので、時間が無い時にお勧めです。

そして、手先を使うので、子ども達の手指の運動にも良いし、お手伝いにもなり、お母さんも楽になります。
さらに、料理を実際にすることで、子どもの経験が増え、おままごとの時にも思い出してやってくれるようになり、ごっこ遊びが上手になりますよ。食事のお手伝いは、発達障害自閉症の子どもの偏食対策にもなります。
お手伝いには、子どもの成長のための沢山の要素があります。
是非、沢山お手伝いをさせてあげてください。
>>私の息子や娘のお手伝いリンク