私の発達障害(自閉症)育児

私の発達障害(自閉症)育児 保育園の懇談で先生と協力関係

こんにちは。
発達障害自閉症のお子さんをもつお母さんのアドバイザーの澄川綾乃と申します。

 

保育所等訪問支援事業をきっかけに、園と普段から連携を取っています。

先日は、保育園の懇談に行ってきました。

保育園でも、息子は、読み聞かせのまねっこをしているとのことでした。
発達障害・自閉症のカンタン家庭療育 読み聞かせ

そして、絵本にものすごく興味を持っていて、先生の読み聞かせの時も、一生懸命見て、聞いているそうです。
だから、先生も、言葉をいっぱい読み聞かせします!と言ってくださいました。
ありがとうございます。
家でも、毎日5冊くらい絵本の読み聞かせをしています。
そして、一緒に指さして「消防車」とか「煙」とか、「たき火」とか、「よく掘れる」とか、色んなものやことを覚えていきます。
そして、何日か続けて、模倣させながら読んであげると、覚えてだんだん自分で読めるようになってきました。

 

こうなると、教えるのが簡単になるし、教える方も教えてもらう方も楽しくなりますよね。
今ではこう、学習の姿勢が身についてきた息子も、昔は、人の話をきけない、説明も聞かない、呼んでも来ない、育てることすらまともに出来ないほど、大変でした。

 

発達障害・自閉症の育てにくさは、うまく対人関係が築けないところにあるんですよね。
人から自然に学べない。親も子に教えずらい。
そして、それが、知的障害に繋がってしまう。

 

でも、言葉が遅い子どもも、ちゃんと聞いてくれるようになれば、見てくれるようになれば、色んなことを教え、発達していくことができるようになります。

 

そこまでが踏ん張りどころ。
障害を理解して、適切な関わり方を続けていくことが大切です。

 

そして、本の読み聞かせでも、興味を持たせながら、模倣させながら、読み聞かせる。

 

それは、その子の発達状態に合わせて、どんな本を読み聞かせるか、どんな言葉を模倣させるか、音真似だけにならずに理解しながら模倣させるにはどうしたら良いか、そういう工夫により、子どもの成長は大きく変わります。

 

工夫って、どうするの?
うちの子には、どんな本があっていて、どこを模倣させたらいいの?そういった疑問も多いと思います。

 

それに、毎日やり過ごすことで精一杯でとても頑張れない、そんなお母さんも多い事と思います。
だから、私はそんなお母さんに寄り添い、バックアップすることにしました。

 

お母さんの辛い気持ちを受け止めながら、お子さんが成長してお母さんが楽になり希望が持てるようにします。

 
★★☆ 毎日の育児の中でできる簡単な療育を、「着実なお子さんのご成長を叶えるパーソナル療育プログラム」でバックアップしています。 ☆★★

それぞれのお子さんに合わせたパーソナル療育プログラムをご用意して、毎週メールで質問・相談の回答をしたり応援しますから、大丈夫。
バックアップがあるから一人じゃない、心強い!そして続けられます!!
着実なお子さんのご成長をかなえるパーソナル療育プログラムはこちら
あなたのお子さんにどんなバックアップができるのか、無料オリエンテーションでご説明致します。

まずはご相談ください。
1日も早い「あなたのお子さんに合わせた家庭療育」で、お子さんに出来ないことを1つでも多く、出来ることに変えてあげましょう。

 

★★☆ まずは、カンタン家庭療育を手軽に始めてみたい方へ ☆★★
8歳のお子さんも言葉が出た無料メール講座
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

要求語を促す!言葉とジェスチャーを育てる!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。

発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。

~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~