私の発達障害(自閉症)育児

興味が広がっていく息子

秋にドライブに行ったとき、お猿さんの群れに遭遇しました。
saru

saru2

発達障害・自閉症のカンタン家庭療育  さる
近年、広葉樹が減って、動物が人里に降りてきますよね。

残念ながら、自閉症の息子は寝ていて見られませんでしたが、定型発達の娘は興味シンシンでした。
以前は車に乗っても、外の様子にあまり興味が無かった息子。

 

でも最近、ドライブで、外の様子にいろいろ興味を持つ息子の姿を感じます。

 

柿の木畑の横を通りすぎる時、「柿だよ」と言うと、「柿」「柿」と言ってよく見ていました。
先日の雪のドライブもそう。

 

トンネルを抜けたら、そこは雪国でした。の、まさにその状況に目が見開いて、車の中から、「ゆき」と興奮していました。

 

★指をさしたら、同じ方向を見ることができる
★言葉を言ったら、復唱できる

こういう力さえつけば、色んなことを生活の中で教えてあげることができます。

 

自閉症特有の「障害」である、見てくれない、聞いてくれない、呼んでも見向きもしない、を卒業できるのです。

うちの息子が、これを卒業し、言葉や社会性を伸ばした方法を、無料メール講座でお伝えしています。

 

8歳のお子さんも言葉が出た無料メール講座
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

要求語を促す!言葉とジェスチャーを育てる!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。

発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。

発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~
私の発達障害(自閉症)育児