私の発達障害(自閉症)育児

一緒に遊ぶと楽しい、から社会性を伸ばす

寒くなってきましたよね。お布団や毛布にくるまるのが本当に気持ちが良いこの季節。

DSC_3137

毛布で巻き巻きくるんで、花束寿司!
(子どもの好きな絵本に花束寿司というお寿司が載っていたので、子ども達をお寿司に見立てちゃいました。)

息子も「のり巻き」と喜んでいました。

 

本物ののり巻きではありません。「のり巻きみたい」ということ。

ものに例える、見立てる、ということもわかってきますね。

 

そして、子ども達を「むしゃむしゃむしゃ」とこちょこちょしながら食べちゃいますよ~♪

「きゃはははは」二人とも、楽しくて、くすぐったくて、大笑い!

 

2人いっぺんには無理ですが、1人なら、包んで抱っこして、花束のように家族に渡しても面白いですよね。
子どもは、身体を使った遊びが大好きです。

 

社会性の第一歩は、一緒に遊ぶと楽しい、そんな経験を積ませることからですね。

病院の作業療法市町村の療育でも、楽しく子どもと触れ合う中で子どもの社会性や言葉を伸ばす療育が行われています。

是非、この季節ならではの身体を使った遊びを楽しんでくださいね。

 

発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~
私の発達障害(自閉症)育児