発達障害や自閉症の子の行動:つま先歩きの原因と対処法:感覚統合の改善

つま先歩きが自閉症の子に多くみられる理由

発達障害自閉症スペクトラムの子どもなどの発達がゆっくりな子は、ハイハイが遅れる、歩くのが遅れることがあります。
また、歩き始めの頃は、爪先歩きをする子も多いようです。

原因は、末端神経の未発達によるものと言われ、感覚統合の問題ということができます。

 

つま先歩きの子にしてあげたいこと・対処法

マッサージ

お風呂で足をマッサージしてあげましょう。
特に、指先一本一本を軽く引っ張り、くるくる回して刺激してあげると良いでしょう。

いろんな歩きにくい上を歩く

つま先歩きだと転びやすいので、注意してあげましょう。
いろんなところを歩くことによって、足の機能が発達します。
児童館のソフトブロックを並べてその上を歩いたり、家で布団の上を歩いたりすると良いですよ。
長良医療センター作業療法
また、アスレチック遊具で遊ぶことも効果的です。
長良公園(岐阜市)の低いアスレチック遊具

つま先歩きだけで自閉症とはいえない 自閉症のほかの特徴

自閉症の特徴は、「言葉の遅れ」「社会的関係の形成の困難さ」「こだわり」の3つの症状で診断されます。
社会的関係の形成の困難さとは、目が合いにくかったり、相手の立場に立って物事を考えられなかったりすることです。
▼詳しくはこちら
>>

また、全部に該当しなくても、発達障害に当てはまることがありますので、気になるときには、市町村の保健所に相談しましょう。

主な自閉症の子の特徴とその対応方法を書きました。
自閉症かどうかを気にするよりも、言葉や発達の遅れが気になれば、療育を受けたり、子どもができないことを1つずつ家庭で取り組むことによって、言葉や発達を促すことができると証明されています。

>>

以下に、ご家庭でできる対処方法と発達を促すかかわり方を、まとめています。