家庭療育の支援事例とお客様の声

コミュニケーションも1往復の会話から パーソナル療育プログラム

コミュニケーションも1往復の会話から パーソナル療育プログラム

言葉が遅い3歳の年少のお子さんのパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

文字が大好きで、上手に書いてくれる、お子さん。
文字や数字の読み書きは出来る。
自分の興味のあることはどんどん覚えていきます。

興味のないことには乗れないため、幼稚園では加配がつかないので母子通園されています。

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム

パーソナル療育プログラムを始めて、音声模倣からオウム返しができるようになったお子さん。
言葉が出るようになり、
自分の言いたいことは、ずいぶん言えるようになりました。
二語文三語文も出るようになり、自分の思いは相手に伝わるようになりました。

 

でも、大人の質問にはなかなか答えてくれない。

 

今、パーソナル療育プログラムで、まず、1往復の会話、聞かれたことにこたえる練習をしています。
コミュニケーションも、まずは1往復の会話から。

 

質問の意味を理解して、質問に答えられる、
この1往復の会話を沢山増やしていきます。

 

「何してる?」とか「どうやって?」とか、1往復で答えられるようになれば、
「何してるの?」「つみき」「どうやって遊んでるの」「くっつけて車つくってる」という風に、
2往復の会話へ発展させていけます。

すると、より会話らしくなっていきますね。

 

コミュニケーションも、まずは1往復の会話から。
焦らず、1つずつ、身に付けていきたいですね。