家庭療育の支援事例とお客様の声

特別支援学級の就学に向けて パーソナル療育プログラム

特別支援学級の就学に向けて パーソナル療育プログラム

言葉が遅い5歳(年長)のお子さんのパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

 

来年は就学を迎えます。
音声模倣からオウム返しができるようになったお子さん。

言える言葉は少ないけれど、理解している言葉は多いです。

内言語の語彙が増え、名詞だけでなく動詞もよく理解しています。

幼児用のプリントも、だいぶできるようになりました。

 

 

身の回りのことも、食事、お着換え、トイレなど自立

トイレの後に自分でお尻を拭くというような、自分の体を清潔にすることも、

できるようになりました。

近所の小学校の特別支援学級を目指して頑張っています。

 

こちらは、粘土で遊んでいるところ。

手先も器用になってきて、普段はエジソンのお箸でご飯を食べています。

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム

 

包丁でトントン。

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム

粘土を切るのも上手にできますね。

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム

風船も大きく膨らませるようになりました。

こちらはまだ膨らませ中。

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム

私が膨らませた風船にも大興奮。

言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラム