家庭療育の支援事例とお客様の声

お客様の声 ダイジェスト版

このブログ一体型ホームページに記載している事例は、ご本人の掲載許可をいただいて掲載しています。
情報を共有して、同じお悩みを持つ方への参考にしてもらいたいというお気持ちで掲載の許可をいただいております。

 

★★☆ パーソナル療育プログラムを始めて1ケ月 ☆★★
(2歳のお子さん)

日々教えてはいるものの、何か月も変わらないと本当に私の声の模倣してくれる日がくるのだろうか。。。
そう思えてモチベーションも下がる一方だったけど、これを相談した時、
「教え続ければ必ず言える日がきますよ!」と力強く言って頂いたおかげで結構落ちてた気持ちを持ち直し、息子に教え続けることができました。

その結果、

「いただきます」→「ますー」
「ごちそうさまでした」→「したー」
「ちょうだい」→「だい!」

と、語尾を模倣できるように!

そして「だっこ」と言えるようになりました。

少し模倣ができるようになってくると色んな音を模倣してくれるように!
まだまだ滑舌も良くなくて私しか聞き取れない言葉や、要求語の使い分けができなかったりと課題はあるけれどこの1ヶ月の成長を見ることができたから次も諦める事なく頑張れる

ゆっくりだけど、成長してくれてる。
だから母も頑張る~

最近では、ちゃんと「ママ」と言って私の手を取りに来て目的の場所に連れて行ってから「あけて」などとお願いをしてくれます。

「ママ」を要求語の一部だと思って使っていた頃もあったけど今は少し理解してくれたみたい!

また2ヵ月目も頑張ろう!

★★☆ パーソナル療育プログラムをお申込みの方 ☆★★

以前は上の子の事がとても心配でしたが、今ではどんなお兄ちゃんになってくれるかなという楽しみな気持ちになっています。

★★☆ パーソナル療育プログラムを始めて半月の方 ☆★★

息子が自閉症なのは明らかだと、発達外来の先生に告げられて少しでも息子が伸びればと、今何をしたら良いのか、ネットで検索してみたり、色んな書籍を読んでみたりもしました。

そんな中、私ができそうだと感じ、このやり方で息子の成長を伸ばしてやりたい。

そう思った療育法が澄川綾乃さんの「カンタン家庭療育」でした。

私がこの療育法でやってみようと思えた理由は、無料相談で実際にお会いし、お話してみて丁寧に色々とアドバイスを下さり、またご自身のお子さんも自閉症だというのに外の子達にも目を向けられておられる心の余裕などにとても心打たれたからです。

また、実生活の中で通常の子育てや躾に近い形でやっていけるという部分が私の心の負担を軽くしてくれました。

もちろん全て順調にいくとは限らないだろうし、私もしっかり努力し続けていかなくちゃいけないんだけど、何をしたら良いか悶々とした状態から、やるべき事が明確になるだけで気分はスッキリ!

★★☆ パーソナル療育プログラムを始めて1ケ月 ☆★★
(4歳のお子さん)

パーソナル療育プログラムに出会う前は、家庭でどのように療育をしたらいいのか、わからないことだらけでした。
このプログラムでは、息子の状態に合わせた課題を、毎日の生活の中で無理なく進めることが、とても素晴らしいと思います。

息子は 手の動きがとても悪く、チョキがまったくできませんでした。
今までの練習では、うまくいかずにやる気がでませんでした。

今回は楽しく練習ができたので、チョキができた時は、息子も手をたたいて喜んでいました。

それが大きな自信にもつながったようで、○を描いたり、スプーンの持ち方まで、できるようになりました。

そして療育方法だけではなく、同じ親として、綾乃さんに、今の私の気持ちや悩みを相談できるということも、とても力強い支えとなっています。

★★☆ パーソナル療育プログラムの感想 ☆★★

出来るかなぁと思う課題も、出来るようになりますね

目標を立ててやるとこんなに出来るようになるんだ、と思いました。

今回の課題も、出来るかなぁと思いつつ、きっとまた、出来るようになっているんだろうなぁと楽しみです。

始めてから2ケ月経ちましたが、2ケ月前と比べて、こんなに出来るようになったんだなぁと思います。

自分一人だったら、「これはまだ難しいかな」と思って、やらせていなかった事も多く、計画的に教えていくことが大切だなぁと思いました。

★★★★☆ 無料相談をされた方 ☆★★★★

たくさんのアドバイス、ありがとうございました。

昨日、さっそくですがハンカチをたたむ作業をセラピー(家庭での療育)に取り入れてみました。

難しいだろうと思っていましたが、一緒に手を添えてやってあげると何回かやっているうちに楽しくなってきたみたいです(^^)

もちろん一人でやらせるとぐちゃぐちゃですが、続けて練習したいと思います。

ちょっとしたことですが、指摘されないとやろうとも思っていなかったことだったので、やはり人からのアドバイスってありがたいなと思いました。

それから、指先に興味を持たせるとのこと。とても大事だなと思いました。

人の指にはそれなりに関心があると思うんですが、息子の場合自分の指に関心が薄いのです。

必然的に指の使い方がかなりぎこちないように思います。
指さしの練習をしていますが、中指と人差し指が混同することが多く、人差し指を出させるように矯正してます。

もっと自分の指を見て、意識して動かす癖をつけるようにいろんな方法を試してみたいと思います。

その他、アドバイスをいただいたことを実践してまた改めて報告させていただきますね。

綾乃さんに相談して良かったです。ありがとうございました。

★★★★☆ 無料相談をされた方 ☆★★★★

今日の無料相談、本当にありがとうございました。
わかっていたつもりでも、お話して改めてまだ息子にしてやれていない事などに気付くこともできました。

また、実際に成長されている息子さんのお話や、もっと言葉が出るようになるよ」という言葉で私のモチベーションも復活しましたし、二人目の出産で長男の事がとても心配でしたが、むしろ成長の助けになるというお話など、とってもためになり、また安心につながりました。

最近は息子の成長を感じながらもなぜか気持ちが下向きになっていましたが、また頑張ろうと思えました。

今日は本当にありがとうございました。

★★★★☆ 無料メール講座を受講されている方 ☆★★★★

8歳を過ぎても言葉が出てこず、少々焦っておりました。
クレーンもなかなか治らないと思っていたら

自分の対応だったんですね。。

聞いても答えないか。。みたいな考えだったことに反省しました。

ちょうだいは、最初は面白かったらしく、「ちっだい」と何度もいいました。

メール講座の内容を実践して、
ここ数日で、クレーンではなく、指を差して要求できるようになり、声を出してよく笑うようになり、凄く嬉しいです。

ゲームのような感覚でできて、母子ともに楽しんでいます。

ダウン症と自閉症の重複障害で、色んなことを、もう無理だとあきらめていました。

★★★★☆ ユーチューブにコメントを頂きました ☆★★★★

すごくわかりやすく解説して頂きありがとうございます。

残念ながら、子供が発達障害であることを告げらるまで「自閉症」の意味すら知らなかった親達です。

1歳半検診の際に、言葉の遅れはもちろんのこと、すでに問題行動を起こしていましたが、全く教えてもらえませんでした。私たちは、子供の性格として受け止めておりました。

結局、2歳3ヶ月の時に仮診断がでました。その3ヶ月後に療育園に通い始めました。

9ヶ月以上遅れたのです、本当に待ちすぎです。それに、病院検査の順番待ちで正式な診断診断結果も出てない状態です。

時間を取り戻すことができません、とても心配です。今は自分で、できる限り支えるだけです。

★★★★☆ ブログをご覧になった方 ☆★★★★

ABAは知ってはいましたが、やはり実践するにはあまりにハードなためできずにいました。

ただ、スモールステップや、できたらごほうびなど、エッセンスは多少理解して生活に取り入れていたつもりでした
(それでできるようになったこともいくつかあります)。

しかし、要求のジェスチャーはできるのに、言葉がなかなか伴わず、悩みの種です。
ブログを拝見して、すごく分かりやすく書いてくださっているなあと感じました。これならすぐにでも始められそうですね。

また、「大変そうに見えなくても努力してのその姿なのかもしれない」「皆何か大変な思いや悩みを抱えているのかも」といった考え方にもすごく共感します。
私も、子どもに障害があるなしに関わらず、大なり小なり悩み苦しみを抱えて苦労しているものだと思っています。

メール講座も参考にしながら、娘と向き合っていきたいと思います。

★★★★☆ ブログをご覧になった方 ☆★★★★

自然に出るのを待っていては遅すぎる事になるかもしれないと思っております。
教えていただいたことを是非試してみようと思います。

まずはやってみようと思います。
大変為になりました。

沢山の方から、カンタン家庭療育の療育方法が、家庭で簡単にできて、効果が実感できると感動をいただいています。

このカンタンで効果がある方法を、それぞれのお子さんの状態やご家庭の状況に合わせて、言語・社会性・認知・運動指先・身辺自立の5領域をまんべんなく、計画に伸ばしていけるように、パーソナル療育プログラムをご用意しています。

 
~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~