家庭療育の支援事例とお客様の声

指示に従えない子も小さな成功体験から パーソナル療育プログラム

言葉が出ない3歳のお子さんのパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

喃語はあるけれど、意味のある言葉がまだ出てこない、

まだ、オウム返しが出来ないお子さん。

言葉の指示に従うことやまねすることもむつかしいため、

まずは大人の指示に従う関係づくりが必要です。

 

園では、加配がないため、フリーの先生がついてくださっているとのことでした。

 

楽しく遊びながら大人と遊ぶことは楽しい、大人に言われたようにやれば上手にできる、

という小さな成功体験を積んでいくことが大切です。

 

そうする中で、人との関係がはぐくまれると同時に、

手先も器用になり、遊びの幅も広がっていきます。

家庭療育って、1つの遊びの中で、たくさんの力が育っていきますね。

 

形はめも、あまりしたことがないということで、誘ってやってみました。

最初はやり方も分からず、大人のまねもできないため、むつかしかったですが、

お子さんの手をとって一緒にやると、出来るようになり、

覚えて自分でもやってくれました。

木製のパズルも、同様に、誘うことができました。

粘土にも少し触ってもらいました。

車が大好きなので、走らせて遊びました。

乗ってこない、真似しない、お子さんでも、誘い方によって、出来るようになることも多いです。

諦めず、楽しく、根気よく、誘っていくと良いですね。