家庭療育の支援事例とお客様の声

過去の会話もスムーズに パーソナル療育プログラム

言葉の遅れがある3歳のお子さんの、パーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

 

「~と・・・に行った。」「・・・乗った」など、過去の会話もスムーズにできるようになってきています。

 

「誰としたの?」と聞けば、家族や先生の名前なら、答えられるようになりました。

 

おままごとのときには、「あったかく、作って」などの言葉も出ていました。

過去の会話もスムーズに パーソナル療育プログラム