家庭療育の支援事例とお客様の声

日常会話の練習中 パーソナル療育プログラム

4歳の言葉の遅れがあるお子さんのパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

 

 

1年前、オウム返しで質問に答えることを覚えたお子さん。

今は、いつ、どこで、なにを、どうやってしたのか、という、5W1Hの

日常の会話の練習をしています。

 

 

ご紹介した絵本、家だとなかなか自分の好きな絵本ばかり読んでしまってみてくれないようですが、

この教室ではよく見てくれます。

 

この教室で見て帰ると、家で誘う時にも、少し乗ってくれるようになるそう。

きっかけづくりになっています。

 

言葉の発達は、毎日の会話も大切ですが、絵本を上手に選んで上手に使うと、

絵本でも会話がたくさんできますね。