家庭療育の支援事例とお客様の声

会話はスムーズに!次は気持ちを話せるように!!パーソナル療育プログラム

4歳(年中)の言葉の遅れがあるお子さんのパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

 

会話はだいぶスムーズになってきました。

「給食何食べた?」や、「何してきた?」などの意味も理解してぽつぽつと答えてくれるようになりました。

次は、「なんで・・・したの?」というような気持ちを答えることが出来るように、現在支援中です。

 

こちらは、管ぽっくりをしているところ。

一緒にやると、子どもは勇気を出して頑張ってくれることもありますよね。

ここ数か月、私と一緒に管ぽっくりをすることがブームになっているようです。

 

会話はスムーズに!次は気持ちを話せるように!!パーソナル療育プログラム

こちらの絵本も、家では読まないようですが、私と読むことがブームで、

一緒に読んでいます。

会話はスムーズに!次は気持ちを話せるように!!パーソナル療育プログラム