家庭療育の支援事例とお客様の声

「ジャンプで膝が曲がるように!」カンタン家庭療育

2歳の、難聴と自閉症発達障害)の重複障害のお子さんがパーソナル療育プログラムで頑張っている姿をお届けします。

初めて2ケ月経ち、こんな風にご成長されました。

ジャンプで膝が曲がるようになりました。

スプーンですくえるようになりました。

お母さんの顔に興味を持つようになりました。

発達障害・自閉症育児のカンタン家庭療育
最初はスプーンがふらついてしまい、お母さんが手を添えてしか、うまく使えなかったのです。

でも、一人ですくえるようになってきました!もう少しで、自分一人で食べられるようになるんじゃないかな。

こうやって、自分一人でできる事を作ってあげると、自信もついて、自我も出てきます。

お子さんのできる事が増えると、お母さんも楽になりますね。