ご相談支援事例とお客様の声

3歳入園前のこだわりが強い子「身辺自立と設定遊びが出来るように」パーソナル療育プログラム

入園前の3歳の子のパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

言葉の遅れは特にないけれど、自分なりのこだわりがあり、なかなか指示した通りにやってくれない。

それが悩みで、ママもどうやって教えたらいいのかわからずにお越しいただきました。

 

 

最初は自分のやり方にこだわりを強く持ち、指示に従わない態度示していましたが、優しく、楽しそうに誘ううちに後半は、指示されたことをやろうとする姿も見られるようになりました。

三輪車が焦げないけれど、やりたい気持ちはある、ということで、練習しました。

3歳入園前のこだわりが強い子「身辺自立と設定遊びが出来るように」パーソナル療育プログラム

楽しそうに、寄り添いながら、優しく誘えば、できるようになっていくお子さん。

こちらは、塗り絵のやり方を教えているところ。

3歳入園前のこだわりが強い子「身辺自立と設定遊びが出来るように」パーソナル療育プログラム

 

このおもちゃも気に入って遊んでくれました。

3歳入園前のこだわりが強い子「身辺自立と設定遊びが出来るように」パーソナル療育プログラム

 

言葉の遅れはないものの、突然話しだすために、ママ以外の人には、何の話か分からないために、人に通じないことがあるそうなので、会話の時に、前置きをする練習をプログラムに入れました。

言葉の発達は、より一層進んでいくようにアドバイスしました。