ご相談支援事例とお客様の声

4歳(年少)なんでの理由を言えるように!言葉集中療育プログラム

言葉の遅れがある4歳(年少)の子の言葉集中療育プログラムのご相談支援事例です。

 

2ケ月くらい前は、質問をしても、ふざけて、答えてくれなかったお子さん。

最近、質問にちゃんと答えてくれるようになったそうです。

言葉が分かるようになって、自信が出たんでしょうね。

 

「なんで片づけてくれないの?」

「パパが布団ひいたら、ここ、壊れちゃうから」など、しっかりと理由が言えたそうです。

 

質問の意味を1つずつ理解していくと、力がついていきますね。

 

こちらの教室でも、よく質問に答えてくれました。

「なんで暗くなったの?」「先生が消したから」

「なんで、倒れるの?」タイヤを指さして「これで倒れちゃう」

4歳(年少)なんでの理由を言えるように!言葉集中療育プログラム

相手の言っていることをよく聞いて、質問に答えることが出来るようになってきました。

動詞が出てこないところもあるため、引き続き、教えていきます。

 

なぞなぞも良く分かるようになり、「ドーナツみたいで、プールに持って行くものは?」「浮輪」など、答えられるようになりました。

4歳(年少)なんでの理由を言えるように!言葉集中療育プログラム

ママへプログラムの説明をして、長くなってくると、おしまい、帰る、などと言います。

もう少し待ってね。と言うと我慢しているけれど、ときどき下の子の顔をつねったり、

不適切な行動が出ます。

このような他害行為は、気持ちがもっと言えるようになったり、自分ですることを見つけられるようになると解決していくので、長い目で、関わっていきたいですね。