ご相談支援事例とお客様の声

4歳:お友達や先生の変化を褒めて会話!言葉集中療育プログラム

言葉の遅れがある4歳のお子さんの言葉集中療育プログラムのご相談支援事例です。

 

お友達や先生と情緒的な会話ができるようになってきました。

「これなあに? ・・・を作ったんだ!上手」と言ったり、

女の子がかわいいアクセサリーを付けているのを見て、「新しい!」

先生の髪型が変わったを見て「短くなった」など、

お友達や先生の変化に気づけるようになったそうです。

 

家でも、お友達のことをよく教えてくれるそうです。

「●●ちゃん 髪の毛が長い、短い」

 

友達と上手に遊べるようになってきたそうです。

男の子のまねをしてふざけて遊んだり、変顔をして楽しんでいるようです。

ミニカーなどどっちが早いか、大きいか競争もしているそうです。

 

 

工作をしてきた日に、「どうやって作ったの?」と聞くと、

「車体は切って、やぶって、貼った。
窓は、ペンで描いた。
車輪は、ふたで作った。」

などと、相手に分かるように話せるようになってきたそうです。

4歳:お友達や先生の変化を褒めて会話!言葉集中療育プログラム