ご相談支援事例とお客様の声

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

 

粘土で遊ぼうと誘っても、逃げる。

ママの後ろに隠れています(笑)

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

粘土は、触りたくない子、多いです。

発達がゆっくりな子は、感覚の発達も感覚敏感なところがあったり、鈍感だったり・・・

たいてい、粘土や砂は、嫌います。

だから、触らなくても良いことから誘います。

発達がゆっくりな子の特徴を知っていると、誘い方がわかるんです。

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

 

 

嫌なことを無理強いするより、

別の方法を考える

 

すると、子どもも、なんでも拒否するのではなく、

大人と折り合いがつけられる子になっていく。

大人が誘うことは楽しいことかもしれないと、

完全拒否ではなく、少しずつ聞く耳を持てるようになります。

 

 

おもちゃの包丁でトントンと切ることから誘いました。

楽しく切って遊んだ後、型抜きもしました。

こちらも、最初は拒否です。

 

 

大好きな車の型抜きをして見せてあげると

喜んで指さして「ブーブー!」

 

興味が出てきて、自分でも型抜きを始めました。

 

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

型抜きから外すところを最初はおもちゃの包丁を押し付けて、

次第に指1本で「『チョン』ってしてごらん」

少しずつ、触ることへの抵抗を無くしていきました。

 

すると、最後は思いっきり、自分で触っていました(笑)

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム

 

子どものこだわりって、意外とこの程度の場合も多いんです。

別に、心底嫌なわけでもなく、

自分が納得するかどうかの世界。

自分がやりたくなれば、感覚過敏も、こだわりも、飛んで言っちゃいます。

誘い方って大切ですね。

 

ただ出来ないことを待つだけじゃなく、ちょっとした工夫をしていく、それが澄川綾乃の家庭療育プログラムです。

▼こちらのお子さんが取り組んでいるプログラム

こだわりが強い2歳の子も誘い方次第!パーソナルプログラム