家庭療育の支援事例とお客様の声

120%の笑みで褒めてもらえる、パーソナル療育プログラム

「言葉が遅い」3歳のお子さんのご相談支援事例

「120パーセントの笑みで褒めてもらえるので、この間のSkypeの後もご機嫌でした。」

こんな感想を言ってくださったのは、パーソナル療育プログラムに取り組んでいらっしゃる3歳のお子さんのママです。

言葉が遅いことをご心配され、無料メール講座で単語の要求、二語文も上手になり、三語文に挑戦されています。

Skypeでは、お母さんに今月の課題をご説明しながら、お子さんにも声をかけています。

お子さん、言葉や動作の真似っこを上手にやってくれ、質問にも答えてくれました。
パーソナル療育プログラムの様子7

Skypeだと、ご自宅に居ながら、お子さんのご様子を拝見してお母さんのご相談に乗ることができます。

発達の遅れで心配されている方、是非ご相談くださいね。