家庭療育の支援事例とお客様の声

言葉が遅い3歳の子「自宅で澄川さんのカンタン療育をやってこんなに成長して、ママのおかげ」

言葉が遅い3歳の子のパーソナル療育プログラムのご相談支援事例

自宅で澄川さんのカンタン家庭療育をやってこんなに成長して、本当にママのおかげだよ。と言ってくれました。

カンタン家庭療育 子どもの成長はママのおかげ
こんな嬉しいご報告をしてくださったのは、パーソナル療育プログラムに取り組まれている3歳のお子さんについてです。

 

ご主人から、こんな優しい言葉をかけてもらえたと喜んでらっしゃいました!

 

6月末には、単語は沢山出ているけれど二語文が出ないとお悩みでした。

でも、1ケ月もしないうちに二語文が出て、自分の要求が言えるようになって、積み木も上手に見立てて作れるようになりました。
<参考リンク>
言葉の発達の順番
2歳3歳の幼児期の言葉の遅れで見直したい関わり方

 

家庭療育のメリットは、お母さんが毎日教えられること。

お子さんの事を一番よく知っているお母さんが取り組むから、性格や理解度をよく知っているので、お子さんをうまく誘導できます。

なんて言ったって、お子さんが一番信頼しているのはお母さん。だから、早く指示を聞けるようになることも期待できるです。

 

そして、通う療育のように、決められた時間のみ行うのではなく、お子さんに分かりやすい教え方をお母さんが身に付けるので、毎日、自然な育児の中で療育ができるんです。

そんな家庭療育をバックアップしています。あなたも始めてみませんか。

 

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの発達言葉の発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

2つの家庭療育プログラムでバックアップしています

パーソナル療育プログラム言葉集中療育プログラムでバックアップしています。
子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。

>>3歳家庭療育で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴