家庭療育の支援事例とお客様の声

ちょうだいの「い」、あけての「あ」が言えた!澄川綾乃のカンタン家庭療育

言葉が出ない4歳のお子さんのご相談支援事例

子育て講座を受けられて、4歳のお子さんが何か欲しい時にちょうだいの「い」、あけてほしいときに「あ」と言えるようになりました。

そして、今回、パーソナル療育プログラムでお会いしました。
カンタン家庭療育 パーソナル療育プログラム

1ケ月目の課題を、こちらのPrimrose4階のお部屋で実際に少し取り組んで、ご家庭でどのようにやっていくのかを見て頂きました。

手先を使う課題も、お子さんにどのように物を見せて誘っていくか、なども見て頂きました。

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの発達言葉の発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

2つの家庭療育プログラムでバックアップしています

パーソナル療育プログラム言葉集中療育プログラムでバックアップしています。
子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。