家庭療育の支援事例とお客様の声

子どもらしい反応が愛おしく♪ パーソナル療育プログラム

4歳のお子さん(自閉症)のご相談事例

三語文が出ないとお悩みで、カンタン家庭療育の1ケ月+3ケ月のパーソナル療育プログラムをご卒業された4歳の子について、数か月後にこんな感想を送って頂きました。
カンタン家庭療育のパーソナル療育プログラム

息子の成長を少しずつ感じるようになり、こちらからの働きかけにも応じてくれるようになって、
子どもらしい反応をするようになって、とても愛おしく思えるようになりました。

IQの値も去年から10上がってIQ63になりました
いつのまにか『けんけんぱ』ができるようになりました。

家庭療育プログラムで良かったと思うことは、毎日お勉強をする習慣が母子でついたことです。
毎日するから、できるようになる。定着する。
ウサギとカメのカメの気分で、毎日毎日少しずつできるようになります。
出来るようになると、少し応用して、さらに出来ることが増えます。そんな感じで、以前よりリラックスして日々を楽しんでいます。

最近は毎日、新しい発見があります。
(たぶん、私も夫も、息子の成長に気づく感度が上がったこともあると思います。)

因みに今日の発見は、クラス写真を見せて、『これ誰?』と聞いたら、(34人のクラスの中で)お友達の名前が5人くらい出てきました。
びっくりしたのは、『〜ちゃん』『〜くん』と呼ぶ子もいれば、『○○』『△△』と、名前を呼び捨てにした子もいたことです。
あんなにお友達に興味を示さなかった息子が、お友達の名前を何人も言えるようになったのが、飛び上がりたくなるくらい嬉しいです。

今は、息子の将来を楽しみに思えるようになりました。

息子がここまで成長できたのは、
綾乃さんにご指導頂いた家庭療育プログラムのおかげだと心から思います。
本当にありがとうございました。

パーソナル療育プログラムについて詳しくはこちら