家庭療育の支援事例とお客様の声

言葉の力がもの凄い勢いで付いています

言葉が遅い4歳の子のパーソナル療育プログラムのご相談支援事例

こんな感想をいただきました。

質問に答えさせる、トイレ、手洗い、食べ終わった食器はどうするか?等、
綾乃さんに教えて頂いた課題のお陰で言葉、対人面、認知面の伸びを日々実感しております。
本当に本当に本当にありがとうございます。

今まで様々な療育を受けてきましたが、先生方から教わった事のない視点の課題ばかりです。

ご教授頂かなければ気付けない事ばかりなので、今後もどうかよろしくお願いいたします。

こちらのお子さん、単語が出始めてから、
もの凄い勢いで、お話が上手になっています。

あっという間に二語文三語文
質問にこたえることが出来るようになりました。

 

質問も、「どうしたの?」だけでなく、
消防車は何するもの?「火事の火を消す」とか
「どうしてお洋服を洗うの?」「汚れてきたないから」
なども答えられるようになりました。

 

さらに、「洗わないとどう?」「汚い」など
「~しないとどう?」のようなことも
理解して答えられるようになっています。

 

間違い探しも、ジャンケンも出来るようになりました。

凄いですね。

言葉が理解出来ている子は、少し丁寧に教えればどんどん出来るようになるんだなと思いました。

 

二語文、三語文は話せる、だけど、そこから先、なかなか発展しない。
そんな子には、是非、言葉を使う、説明させる機会を上手に作ってあげてほしいと思います。

パーソナル療育プログラムでは、日々の生活の中で、言葉で説明する力を付けて行きます。

 

悩んでいる方、一緒にプログラムを始めませんか。

着実なお子さんのご成長を叶えるパーソナル療育プログラムはこちら

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの発達言葉の発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

2つの家庭療育プログラムでバックアップしています

パーソナル療育プログラム言葉集中療育プログラムでバックアップしています。
子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。