家庭療育の支援事例とお客様の声

「教え方・育て方のコツが分かった」パーソナル療育プログラム

言葉が出ない3歳の子のご相談支援事例

パーソナル療育プログラムの6ケ月コースをご卒業されました

こんな感想を頂きましたのでご紹介します。

6ヶ月間アドバイス本当にありがとうございました。

半年前、息子は何もできない状態で本当に不安でした。

 

この半年でトイレでおしっこもできるようになり、指差しもだいぶできるようになり、バイバイも手遊びもできるようになり、癇癪もだいぶ減ってきたし、指示にも従えるようになって頑張ってきてよかったなと思うのと同時に、息子との接し方がわかるようになってきました。

 

最近は理解していることとしていないことが一目でわかるのでとても教えがいがあります

このごろ、すごく育てやすくなりました。



スーパーでも手を繋いでお買い物に行ってくれるようになり、こちらの指示を聞いてくれるようになりました。

言葉が出なくて、どうやって育てたら良いのか、教えたら良いのか分かりませんでしたが、教え方・育て方のコツがつかめました。

カンタン家庭療育 パーソナル療育プログラム風景

>>3歳家庭療育で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴

 

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの発達言葉の発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

2つの家庭療育プログラムでバックアップしています

パーソナル療育プログラム言葉集中療育プログラムでバックアップしています。

◆言葉を離してくれないから、こちらの意図が伝わっているか分からない。
◆自分でおしっこしたいと言えないから、どうやってオムツを外したら良いかわからない。
◆遊びに誘っても乗ってこないから、どうやって遊んであげたら良いか分からない。

こんなお悩みありますよね。

カンタン家庭療育のパーソナル療育プログラムでは、こんな教え方・方針で、家庭療育をバックアップしています。

★言葉を1つずつ教えて行く
★興味の持てそうな遊びや絵本から誘っていき、できる事を増やす
★身の回りの事も、少しずつ自分でできるように教える
★ママとの絆を深め、ママの言う事に耳を傾ける子ように育てる
★お手伝いが出来る子ように育てる

子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。