家庭療育の支援事例とお客様の声

4~5語で話すことが増えてきました。言葉集中療育プログラム

言葉集中療育プログラムに取り組まれている言葉が遅い4歳のお子さんのご相談支援事例

言葉集中療育プログラムで、要求や自分が伝えたい事などは少しずつですが、4~5語で話すことが増えています

息子は゛こっちが良い゛、゛これはキライ゛、
新しく買った衣類を見て気に入ると゛かっこいい!゛や゛
お母さん買ってくれてありがとう!゛と言ってくれるようになりました。

よそのお子さまが着ているシャツや靴、カバンがプラレールだと指差しながら
゛お母さん、E4系、かっこいい!゛と大きな声を出すので、
゛本当だ、かっこいいね゛、゛よく気付いたね、すごーい゛等と共感してます

今日も゛お父さーん待ってよー置いてかないでよー゛や゛
●●のパンだから食べちゃダメよ、ボクの無くなっちゃうから~゛と言ってくれました。

カンタン家庭療育 発語が急激に増えた
言葉も、日常生活の中で、質問すること、聞き出すことによって、
こんな風に、教えた言葉以外も、自然に会話が出来るようになっていきます。

机の上でワーク形式で教え込むことも時には必要ですが、
生きた言葉を使うには、日ごろから、
子どもに話しかける、子どもの言葉に耳を傾けることが大切です。

これって実はすごく難しいです。

そもそも、言葉を理解できないから質問にこたえられない。
だから、こちらも質問しない。
そんな悪循環に、私自身もかつては気が付いていませんでした。

この悪循環から脱出して、お子さんとの会話を楽しめるために、
言葉集中療育プログラムでバックアップをしています。

是非、私に、ご相談くださいね。