家庭療育の支援事例とお客様の声

3歳の自閉症「自分の思いを即座に自然に言えた」パーソナル療育プログラム

3歳の自閉症「自分の思いを即座に自然に言えた」パーソナル療育プログラム

自閉症発達障害)の3歳のお子さんのご相談支援事例です。

一昨日は私が「このTシャツ(人の顔が書いてあるシャツ)、どう?」と聞いたら、
「いいじゃん!」って指差して微笑みながら言ってくれました。

 
今日の朝、パパが「●●ちゃん、ご飯おいしい?」と聞いたら、
「ん〜、おいしい♪」と言ってくれました。

 
自分の思いを即座に自然に言えたことがとても嬉しいです。
こうした自然な会話が増えていくといいなと思います。

CIMG0598
最近お返事が上手になってきました。
うん、とか、はい、とか。

 
いいじゃん」、って、きっと幼稚園で覚えて来たのか、ご兄弟の言葉なのか、
プログラムとして教えていない言葉も、出てきました。

 

最初は、「ちょうだい」が「ぐみちょうだい」になって、それが魔法の言葉のように、繰り返されていたけれど、ちゃんと、何が欲しいか、二語文で伝えられるようになり、うんのお返事も出来るようになりました。

 

3歳で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴

 

普段、ママが子どもに語り掛ける、実はあまり語り掛けていなかったりします。

言葉がゆっくりだと、分かり易く「~しましょう。」とこちらがやることを提示するばかりで、語り掛ける、質問する、などの自然な言葉を、ご家族も使うタイミングが分からずに、話しかけられないことがあります。

 

子どもは、聞いていない言葉は使えません。
母子の自然な会話をプログラムでトレーニングして、会話が出来るようにしていく、
それによって言葉の力を付けて行くのが、澄川綾乃の家庭療育プログラムです。

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの発達言葉の発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

 

2つの家庭療育プログラムでバックアップしています

★身の回りの事がまだ出来ていないお子さんは、
パーソナル療育プログラム

★身の回りの事が出来るようになったお子さんには、
言葉集中療育プログラム

無料オリエンテーションで、どんなプログラムなのかをご説明しています。
悩んでいる方は、是非、ご相談くださいね。

子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。