家庭療育の支援事例とお客様の声

言葉が遅い3歳の子「目を合わせておしゃべりが上手に!」パーソナル療育プログラム

3歳のお子さんのご相談事例

「言葉が遅い」ため「自閉症(発達障害)」が心配とご相談いただいているお子さん

加配がつかない幼稚園に母子通園されている3歳のお子さん、http://sumikawa-ayano.com/?p=772/パーソナル療育プログラムに半年取り組まれています。

教室に着いて、早々に、
「ママおしっこ」「ママおしっこ」と何度もママがトイレに行っていることを、私に教えてくれました。目を合わせて、一生懸命お話ししてくれます。

お人形をもって、「スーパーマン」と何度も言って遊んだり、

風船をもってきて「ふーして」とお願いしたり、
お人形の服を「脱がせて」とお願いしたり・・・

単語や名詞だけでなく、動詞もよく出てきました。

カンタン家庭療育のパーソナル療育プログラム

<参考リンク>
言葉の発達の順番
2歳3歳の幼児期の言葉の遅れで見直したい関わり方
言葉が遅い子の語彙を増やすには

オウム返しを利用した言葉の引き出し方

 

こちらは、ロンド橋をやっているところ。

子ども達は、捕まえられるのが大好きなので

キャッキャと声をあげて大喜びです。

カンタン家庭療育のパーソナル療育プログラム

遊びもルールをよく理解して、歌が終わるのをわざと止まって待ったりします。

大人の言葉や行動を良く見て、よくまねするようになりました。

目を合わせて、話しかけてくるようになりました。

本当に可愛いです。

ママもパパも、それが、とても嬉しいとの事でした。

>>3歳で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの言葉発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。