家庭療育の支援事例とお客様の声

自閉症の子、はさみで上手に切るように!パーソナル療育プログラム 

自閉症の子、はさみで上手に切るように!パーソナル療育プログラム

言葉が遅い、4歳の自閉症のお子さんのパーソナル療育プログラムの事例です。

はさみで切るのが上手になり、公文の市販のワーク「はじめてのはさみ」に取り組んでいます。

こんな風に上手に切って貼っています。

自閉症の子、はさみで上手に切るように!パーソナル療育プログラム 

音声模倣ができるようになり、オウム返しっぽい言葉が出て、言葉が発達してきました。

「いえい」
「にゃー」

「いや」
「ふうせん」

家でもよく言葉っぽいことをしゃべっているそうです。

平仮名にも興味が出て、書いています。

 

自閉症の子、はさみで上手に切るように!パーソナル療育プログラム