言葉が遅い・自閉症(発達障害)の息子の育児ブログ

感覚統合とラジオ体操について

感覚統合とラジオ体操について

 

自閉症の息子、小学校4年生になりました。

夏休み、ラジオ体操に毎日行っています。

 

運動は得意な息子です。

一輪車も乗りこなします。アスレチック遊具も楽々。

そんな息子ですが、やはり感覚統合が苦手だな、と感じることがあります。

それは、ラジオ体操です。

 

▼感覚統合をご存じない方は、こちらを参考にしてください。

>> 感覚統合とは?発達順の問題点と家庭での改善方法

 

ラジオ体操の動きは覚えて、みんなとやるんですが、

どうも、身体がちじこまって、動きが不自然なんです。

上記のイラストのような、

左右の腕を交互に反対側へ曲げて体側を伸ばす運動のところも、

棒立ちだし、脇も伸びていません。

 

ふりだけそれっぽくやろうとしているのですが、

ではなく、

頭をポンポン叩いています。

 

ちが~う(笑)

 

と思いつつ、楽しくやっているので、細かいことはまあいいかと、

直していません。

 

自閉症の子が、感覚統合が苦手、運動が苦手と言うのは、

こういうところに出るんですね。

運動能力全体は上がっても、

みんながやるラジオ体操のような普通の事も、

細かい動き1つ1つをその通りにやることが難しいのです。

 

また時間のある時に、1つ1つの動きを教えていこうかな、と思っています。