言葉が遅い・自閉症(発達障害)の息子の育児ブログ

感覚統合は難しい!自閉症の息子がスイミングカーニバルでクロールに挑戦!!

障害者対象のスイミングスクールに、

今年から通っています。

 

 

こちらのスイミングの方針は

1つ目は「ちゃんと集団行動できること・待てること」

「どれだけいろんなことが出来ても、指示に従う、待つことが出来ない子は雇わない」と

就労支援施設から強く言われるそう。

そりゃそっか。

 

 

2つ目は、「健康維持・ストレス発散・体力を消費する」

大きくなると、体力がついて、動く量も多くなるので、なるべくスイミングでエネルギーを使って、

家や学校では落ち着いて過ごす、という面も重要視しています。

 

その障害者対象のスイミングが企画した「スイミングカーニバル」に参加してきました。

発達に遅れや障害のある子とその家族が参加します。

自閉症の息子 スイミングカーニバルでクロールに挑戦!!

 

<タイムスケジュール>

930分に駐車場へ、

10時に受付開始、

1030分頃から開会式・入水しパプリカダンス、

11時から、1本目 補助具何でも泳法

その後、少し、小プールやジャグジーで休憩。

 1130分から、2本目 ビート板キック

 

 

かなり長い時間、ただ待つだけの状態が続きましたが、

待つのが苦手な多動傾向の息子が、

じっと待てるようになったことが驚きでした。

カーニバルに参加している障害児・障害者は、みな小学生以上のようですが、

誰一人、走り回る子はいませんでした。さすがですね。よく訓練されています。

 

こちらはプールに入水して、パプリカのダンスをしているところ。

自閉症の息子 スイミングカーニバルでパプリカのダンス自閉症の息子 スイミングカーニバルでパプリカのダンス

 

そして、いよいよ、1本目。

補助具で自由泳法のスタートです。まずは娘から。

定型発達の娘 補助具何でも泳法

定型発達の娘 スイミングカーニバルの補助具何でも泳法で1位

こちらは、息子の番。補助具ありの自由泳法。

息子は今年からスイミングを始めたばかりだったのですが、先生から

「まだ難しいかもしれないけれど、クロールやってみる?」と言われ、

まだ練習中のクロールに挑戦しました。

 

いつもは2階から息子が泳いでいる姿を見ているだけなので、あまり思いませんでしたが、

近くで見ると、息子のぎこちなさがよくわかります。

 

この写真だとわかりにくいかと思います。綺麗に泳げているように見えますが、

動画で撮ればよかったと思うのですが、

手をあげる、顔をつける、反対の手をあげる、という動作が、全部ぶつ切れで、

1つずつの動作もなんとなくこんな感じかな?とやっているようです。

 

なので、手を上げるだけで、その意味が理解できていないし形だけ、という感じ。

水をかいた手を前に戻した、という感じではなく、
そもそも水をかくこと自体ができていません。

自閉症の子は、まずは形を身体で覚えるのに精一杯なんだろうなあと思いました。

 

自閉症の息子 スイミングカーニバルの補助具何でも泳法でクロールに挑戦!!

 

パプリカのダンスでも、身体が縮こまって、
腕が伸び切っていない、など、1つずつのポーズもしっかり出来ていません。
パプリカのダンスもクロールも、
動きがいくつもなめらかにつながって1つの競技になります。
1つずつの動き自体も難しい、
つなげるともっとむつかしい、
自閉症の子どもが身体を思うように動かす感覚統合の難しさが
よくわかります。
<関連記事>

 

 

息子は、まわりに誰もいなくなっても、一人でマイペースで

クロールで最後まで泳ぎきりました。

 

悪く言えば、空気が読めない、

だけどこのマイペースで決められたことをきちんとやろうとする姿勢が、

覚えるのに時間がかかる自閉症の子どもにとっては、必要だと思います。

最後まで、頑張りました!!

自閉症の息子 スイミングカーニバルの補助具何でも泳法でクロールに挑戦!!

そして2つ目は、ビート板キックです。

娘から。スタート!

定型発達の娘 スイミングカーニバルでビート板キック

娘は2位でした。

定型発達の娘 スイミングカーニバルでビート板キック

 

そして息子の番。
息子の写真の腰のところを見てもらうと分かるように、
先生が抱きかかえています。
合図の前に行こうとするので、止められています。
よーい、どん、の合図でキックできるように
手伝ってもらう、という理由もあると思います。

自閉症の息子 スイミングカーニバルでビート板キック

 

頑張って泳いでいます。

自閉症の息子 スイミングカーニバルでビート板キック

 

ビート板キックは、クロールよりは早かったですが、
一番最後でした。
でも、最後まで楽しく泳げたね。

自閉症の息子 スイミングカーニバルでビート板キック

 

こちらが記録です。
娘:補助具自由泳法 39秒88
娘:ビート板キック 37秒58
息子:補助具自由泳法 2分4秒95(クロール)
息子:ビート板キック 1分27秒07こうやってみると、クロールに苦戦したことがよくわかります。
本当に、よくがんばったね。

スイミングカーニバルで自閉症の息子もクロール頑張りました

 

こちら、記念品のメダルをいただきました。
メダルはマフィン。子どもたちは大喜びです。
泳いで、おなか空いたね。

スイミングカーニバルのメダルはマフィン

最後にくじを引かせていただきました。
そうしたら、なんと、1等賞!
お菓子の大袋をいただきました。
市民運動会でお菓子を全部食べてじんましんが出たことがあるので、
没収しましたけど。
強運の息子です。
いい思い出になったね。

 

くじで1等賞 自閉症の息子スイミングカーニバルでお菓子の山ゲット